Story of “Petit à petit”

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

9月のスープ 

『野菜たっぷり豆乳クリームスープ』

201309スープ

たっぷりのお野菜を白ワインで蒸し煮して、
豆乳ベースのコーンクリームスープと共に。

爽やかさと甘さと旨みがトロッと混じり合うと、

夏の名残り…

そんな言葉が浮かぶ

朝晩の少し冷んやりした空気

ちょっと切なげな虫の声

まだまだ日差しは強いけど

でも確かに季節は巡る

四季があるのは贅沢なこと。

7月のスープ 

『ガスパチョ』

201307スープ

一気に夏に突入、楽しみの"冷製スープ"
太陽が眩しい季節には、色鮮やかなスープが似合います。
野菜の瑞々しい水分が沁み渡る心地良さは、飲むサラダ。
パンと野菜の織りなす濃厚な質感がヒンヤリ舌を包み込みます。

もちろん、暑いんですよ!
でも「待ってたなぁ夏…」と、思わず呟きます。

7月のプティタプティは、とにかく暑いです。
そのつもりで…是非リゾートスタイルでお越し下さいませ。


☆☆☆ 
先週末は、思わぬハプニングでお騒がせ致しました。
しっかり養生し、お陰さまで良くなりました。
気を取り直して、張り切って3連休にのぞみます。

6月のスープ 

『ココナッツ カレー スープ』

201306スープ

心地よい季節も束の間…

それでも、季節が巡る喜びがある。
ちょっと蒸し暑さを楽しんでやるくらいの気分で作る。
『いや~ 旨い!』思わず大声で、周りも気にせず食べる喜びに浸る。

時に厳かな気分になったり、晴れやかになったり、涙が溢れたり…
スープ次第、私のスイッチも変わるから面白い。

ズッキーニとインゲン、玉葱、じゃが芋…
いつものように、旬の野菜が主役ですが、出汁を効かせた鶏肉が名脇役。
仕上げにバジルの葉を散らして(庭のバジルは、まだまだ小さいですが…梅雨時の成長に期待をして)

5月のスープ 

『野菜と自家製ベーコンのスープ』

201305スープ

美味しい旬の恵みにありつける幸せ
贅沢なくらい手間を掛けた素材がある喜び
大切な事はシンプルで、ちょっぴり頑固にそれを譲らない。

そんな私だから作りたいスープ。

じっくり焼き上げた小玉葱と蕪の甘さ。
独特の深い香りで存在感のある自家製ベーコン。
それぞれの味わいが、ゆっくり沁みわたるように食べたい。

4月のスープ 

『九条葱とジャガイモのポタージュ』

201304スープ

春が来た。
新緑の季節に、私が食べたいスープ。

私が口にするモノで、
私という人ができるなら…
美しいモノを糧にしたい。

とても贅沢な願いです。

九条葱の甘さが引き立つポタージュに、
自家製酵母パンのクルトンと瑞々しいホウレン草の若葉を浮かべて、
仕上げにパルミジャーノと松の実を散らす。
『さぁっ いただきますっ... 』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。