Story of “Petit à petit”

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

発酵の季節 


春になると、テンションがあがる。

冬場には、泣かされたり、心配させられたりの散々な思いをしている自家製酵母。
なのに春が来ると、微笑ましい表情をみせるからイチコロの私。

安心して見守って、時々声をかけて、空気をあげて、
たいてい4~5日もすれば素晴らしい酵母液ができる。

この春は、色々と仲間が増えた。
お馴染み苺酵母に加えて、庭のヨモギ酵母、みかん山のグレープフルーツ酵母。


初夏、これからがパン焼きに最適の季節。

可愛らしく、ぷっくり焼ける苺酵母。
思わず「さすが」と声かけるほど、自然界の逞しさを想わせる力強いパンのヨモギ酵母。
優しいしっとり感で、あの果実の刺激的な瑞々しさが見事な変貌を遂げたグレープフルーツ酵母。

この季節、私は、ただただ自然の恵みにうっとり。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurinocafe.blog27.fc2.com/tb.php/129-be518820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。